img_logo.png

english.png

TheScene-3.jpg

The scene

南部アフリカは、アフリカ大陸を5つの地域に分けた場合の最も南に位置する地域です。アフリカは、文化圏および人種の違いからサハラ砂漠の南北で大きく2つに分けられますが、南部アフリカは、南側のブラック・アフリカ(サブ・サハラ・アフリカ)に入ります。中部アフリカ南部のコンゴ盆地よりも南側に位置する緩やかな丘陵地帯以南(おおよそ南緯10度以南)が、南部アフリカと呼ばれる地域です。これらの国の中から、南アフリカ、アンゴラ、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、スワジランドの写真を集めました。

南アフリカ 自然、動物、風景、街、・・・

南アフリカの南東部ではホウェールウォッチングができる。セミクジラが子育てのために、6月~9月に沿岸に近づいてくる。南アフリカの北東部に位置するクルーガー国立公園。クルーガー国立公園でのサファリ。南アフリカには世界のおよそ70%にあたる2万頭のサイが生息している。クルーガー国立公園でのサファリ。じゃれあう象の親子。クルーガー国立公園でのサファリ。ライオン、ヒョウ、象、サイ、バッファローが「ビック・ファイブ」と呼ばれる。行政首都のプレトリアでは9~10月にジャカランダの花が満開になる。「母なる都市」と呼ばれるケープタウンを見下ろすテーブル・マウンテン。南アフリカ最大都市のヨハネスブルにあるネルソン・マンデラ像。彼が亡くなった時には多くの人が献花に訪れていました。ネルソン・マンデラの銅像。生まれ故郷のウムタタには、彼の名前を冠したネルソン・マンデラ病院があります。「竜の山々」を意味するドラケンスバーグ山脈。山岳や湿地の自然環境と、サン人の残した洞窟壁画がユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録されています。南アフリカの北西部に位置するナマクアランド。ナマクアランドでは、夏、砂漠地帯にわずかな雨が降り、花が一斉に咲く。「スプリングボクス」(シカの一種の名称)という愛称で親しまれているラグビーの南アフリカ代表。健康茶として優実なルイボス茶の葉は、南アフリカにのみ生息しています。ガーデンルートと呼ばれる、景色がきれいなドライブルート。大統領官邸。独立当初の国名南アフリカ連邦(英語:Union of South Africa)にちなんで、ユニオンビルと呼ばれる。南アフリカを含む南部アフリカにはサン人と呼ばれる先住民族が暮らしていました。ガーデンルートに位置するナイズナの港。

アンゴラ、ナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、スワジランド 自然、風景、街、・・・

アンゴラ キャニオン。大西洋海岸に続く浸食帯が、歴史を感じさせる。アンゴラ にぎやかなビーチ。夜は野外ディスコに変わる。アンゴラ 国会議事堂。オイルマネーで賑わう首都ルアンダでは、建設ラッシュ。ナミビア オレンジ色のナミブ砂丘。ナミビア 紅白歌合戦のライブ会場にもなった砂丘を登山!ナミビア ナミブ砂漠に沈む太陽。ナミビア ナミブ砂漠の真ん中に立つ枯れた木々。デッドフレイ(Deadvlei)、「死の沼」と呼ばれる。ボツワナ 1966年に独立したボツワナの建国者たちの像。ジンバブエ 花崗岩のブロックが積み上げられている。ジンバブエ 「グレート・ジンバブエ(石の家)」と呼ばれる石造建築遺跡。ジンバブエ エンクロージャー(囲壁)と呼ばれる。スワジランド 山岳に囲まれるスワジランドの空港。