技術協力

アンゴラ国母子健康手帳を通じた母子保健サービス向上プロジェクト

キーワード:母子健康手帳、母子保健、インパクト評価、コミュニティ活動



アンゴラは経済指標の上では低中所得国に位置付けられているものの、長年にわたる植民地支配及び1975年の独立以降27年間続いた内戦の結果、経済・社会インフラが破壊され、2002年の内戦終結後10年を超える現在においても、保健指標は他の高中所得の国々と比較して劣悪な水準です。特に妊産婦死亡率と5歳未満児死亡率は、長い間世界の中で最も高い国の一つでした。高い死亡率の大きな理由は、母子保健サービスの利用率が低いことが関係しています。このような状況のもと、JICAはアンゴラ政府の要請を受け、2011年から2014年に、「ジョシナ・マシェル病院・その他保健機関の人材育成と1次医療の再活性化を通じた保健システム強化プロジェクト(以下、ProFORSA)」を実施しました。ProFORSAでは、日本の母子健康手帳の経験と知見を活かして、母子健康手帳の開発・導入を試験的に行いました。しかし、母子健康手帳の導入支援は試行的なものであったため、プロジェクト終了後、アンゴラ側による活動継続が難しくなりました。試行では、妊産婦の知識向上や保健従事者が健康教育に母子健康手帳を利用している等の肯定的な変化が確認されました。この結果から、アンゴラ政府から、母子健康手帳の普及の定着支援及び母子健康手帳を使用する医療従事者の能力強化を図るため、本プロジェクトが要請され、2016年5月から開始されました。

主な活動は、「母子健康手帳の全国導入と展開」「母子健康手帳の活用とモニタリング&スーパービジョン(M&S)の体制の構築」「コミュニティにおける母子保健手帳の知識向上の為の教育活動の実施」「インパクト評価の実施」です。

アンゴラ政府は、母子健康手帳の全国展開を目標にしています。様々な課題を一歩ずつクリアしながら、カウンターパートたちと共に、母子保健サービスの向上のために、日々活動しています。

ティーエーネットワーキングは、「アンゴラ国母子健康手帳を通じた母子保健サービス向上プロジェクト」に総括/母子健康手帳政策1と業務調整/インパクト評価/研修管理2の2名を派遣しています。

国名 アンゴラ共和国
プロジェクト名 母子健康手帳を通じた母子保健サービス向上プロジェクト
クライアント 国際協力機構
実施期間 2017年5月~2021年5月(4年)
プロジェクト目標 母子健康手帳の活用により、モデルサイト州の保健施設にて提供されるサービスの利用率が向上する。

プロジェクト目標の図

プロジェクトメンバー   
保健省公衆衛生局及び州保健局関係者
・保健省国家公衆衛生局長(プロジェクトダイレクター)
・保健省リプロダクティブヘルス部長(プロジェクトマネージャー)
・保健省人材局長
・モデルサイトの州保健局長

株式会社ティーエーネットワーキング
・総括/母子健康保健手帳政策1
・業務調整/インパクト評価/研修管理2

合同会社サマウーマ・コンサルティング
・副総括/母子健康保健手帳政策2
・母子保健/栄養

株式会社PSD
・業務調整/インパクト評価/研修管理1
 
プロジェクト概要(リンク)  http://gwweb.jica.go.jp/km/ProjectView.nsf/...

新母子健康手帳

母子健康手帳委員会(2017年10月)

キックオフミーティング

キックオフミーティングでの新保健大臣のスピーチ

プロジェクト事務所のある公衆衛生局

高台からの景色(首都ルアンダ)

母子健康手帳の改訂の打ち合せ

母子健康手帳委員会(2017年6月)

母子健康手帳委員会(2017年11月)

保健フェスティバルでの健康教育

保健センターにて母親学級で使用する教材のプレテスト

アンゴラ関係者と家族との交流会@本邦招聘

佐久医療センターにて@本邦招聘